オーガニック

Organic 2006

Football house in Malawi
アフリカの南東部、マラウイ湖の西岸に位置するマラウイ共和国に住むヤン・ソンキー(Jan Sonkie)氏は5年前まではごく普通のオランダ人だった。しかし今、彼は地元の有名人だ。
南北に細長い内陸国の街ブランタイアに彼はとっても奇妙な家を建てた。それは3mのレンガの壁の上にフットボールの形をした家。とても人が住んでいるようには見えない彼の家はたちまち観光名所となった。
「最初、多くの人たちは私たちが寝泊まりしているこの家を飲料水タンクだと思っていたわ。そのうち、いろいろな人が家を見に来るようになった」と、マラウイ人の妻トコザニ・ソンキーさんは語る。「彼らは私のキッチンや寝室を見たがるの。外見からはそんなものがあるなんて信じられないんでしょうね」「それからカメラを持ち出して家のあちこちと写真を撮って行くのよ」
なぜフットボール・ハウスを建てたのか? 一人の建築家としてソンキー氏はマラウイにない何か違ったものを建てたかったと言う。各階に4つある部屋は夏は涼しく、冬は温かい。外部はすべて金属で内部は木製。それらは室内の温度と湿度を自然に調節してくれる。
「僕はフットボールに情熱を燃やしているんだ。でも、あまりにも仕事が忙しくて試合を見に行く時間がない」「でもちょっと頭がおかしいかもしれないね」と、ジョークも好きな彼はアフリカをこの上なく愛している。この大陸に永遠と住みたいからその家を建てたのだと言う。子供が無いソンキー夫妻の他の部屋は来客用として使用されている。
26 Apr 2006