オーガニック

Organic 2006

VW Beetle rally in Kathmandu
第6回ネパール・ビートル・ユーザー協会「An-Bug」ラリーが開催された。
首都カトマンズには色とりどりの何十台ものビートルが集まった。ネパールにあるビートルのほとんどは1970年代のヒッピーたちが運転してきたもの。かつてビルマにもビートル・クラブがあったと、ユーザー協会の会長は言う。
ユーザーの一人は「僕は子供の頃からビートルのとりこだった」「それを7年前にやっと手に入れたときはジャンクだったよ」「それを僕は少しずつ修理してきたんだ。すべてこの大会のためにね」と語る。
また。25年前にサードハンドのクリーム色のビートル購入した女性は「一度ミニ・バスにぶつけられたことがあるけど、私は気付かなかったの」「この車は本当に安心できるわ」と愛車を自慢する。
現在、ビートルのパーツはブラジルから輸入しなくてはならない。それでも、普段は日産の車を運転していると言うアヌップさんは「週末はこいつのような重くて頑丈な車がいい」と1980年に父親が購入したビートルを可愛がる。
そのユーザーでもあるドイツ大使フランツ・リンク氏がフラッグを振ったラリーは途中で2台に1台の車は何らかのトラブルを起こした。そんな彼等は目的地である古都パタンにあるダルバール広場に向けて連なった。
インベントの収入は山村の学校に2人の教師を派遣する資金として使われ、口蓋裂に苦しむ子供達の手術費用にも当てられる。
16 Sep 2006