オーガニック

Organic 2008

Home alone party
オーストラリアのメルボルンに住むコーレイ・デラニー君は16才。先週、親が出かけている留守中に自宅で500人のティーンネイジャーを集めるパーティーを催して地元警察と騒動を起こした張本人だ。いま彼は大工になる夢を捨て、プロのパーティ・オーガナイザーになるという。
事の発端は近所からの苦情に駆けつけた警官たちに酔っぱらった少年たちが石や空き瓶を投げつけたことから始まった。最初はただのパーティ騒ぎだと思われた出動も、パトカーに物を投げ付けられるなどされ、警察は増援部隊を余儀なくさる始末。その結果、警察犬やヘリコプターまでが出動し、30人あまりの警察官が負傷。その他、近所の庭などを破壊した損害額は推定2万ドルと見積もられた。
家に戻ったコーレイ君の母親は「ごく普通のいい家族だった」とその出来事を信じられないと語った。インターネットを通じて告知したそのパーティには彼の知らない人たちも呼び寄せてしまったのだ。ビクトリア州警察コミッショナーはパーティを主催したコーレイ君に対しその責任は十分にあるとし、何らかの課題を与える必要があるとした。
しかし、彼は逮捕はされなかった。「あれは生涯最高のパーティだったとみんなが言っている」「ホーム・アローン・パーティを開くなら僕にまかせて」と先々で語るコーレイ君は悔い改めない。
このニュースが世界に広まると彼は一時的に両親の元を離れマネージャーを雇った。マネージャーは「次は正当な場所でパーティーを催すつもりだ」という。そんな中、彼は現代っ子のヒーローか、ただ生意気な少年なのか、世間の目は二分している。いま彼のウェッブサイト「slap Corey down the street」には77万以上のアクセスがある。
24 Jan 2008