オーガニック

Organic 2008

Teen sailor takes on the greatest journey
夏休みに数ある体験をする子供たちの中でもロサンゼルスに住むザック・サンダーランド君(16)の冒険ほど雄大なものはないだろう。いま彼は独りで世界一周(64,400Km)の帆走に旅立とうとしている。自分で貯金をして購入したボートの名前は「Intrepid」。ザックは次の土曜日、このボートに乗って大平洋、インド洋、大西洋を横断する歴史的航海に出発する。
「ボートはまだ未完成と言った方がピンとくる」と言うザック。全長11メートルのボートの上ではまだ数人が長い航海に備えて作業している。中に入ると船室は典型的なティーンエージャーの部屋のように散らかっている。外界と連絡を取り合うための最新型の機械類は所狭しとストラップで固定され、その横には息抜き用のiPodが2つ。来年帰港するまで、この狭い一室が彼の生活の場になる。
航海ルートを記入して、気象情報を調べ、料理もする。ただし新鮮な食料を食べられるのは4週間で、その後はドライ・フードか自分で釣った魚になる。ザックの計画によれば、各寄港地の間の航海は4から6週間とみている。
ロサンゼルスから出航してマーシャル諸島、パプアニューギニア、オーストラリア。インド洋を横断しモーリシャス、マダガスカル。そして危険な喜望峰を回って南大西洋からパナマ運河に入り、再び大平洋に出てガラパゴス諸島を北上してカリフォルニアへ帰港する。当初はスエズ運河を通過する予定だったが、ソマリア沖の海賊を警戒して航路を変更した。
「世界中を旅して世界中の人々に会う」「それは生涯の冒険だ」というザック。そんな彼の心配事の一つに学業の遅れがある。「教科書は全て持った」「まだハイスクールを終えるまで1年あるから、テストをEメールで母親に送り返さなければならないんだ」という。また、航海中のドキュメンタリーも書き残すともいう。
もし、ザックが2010年の1月までに無事帰港すれば、世界単独帆走最年少記録となる。(現在の記録は1996年にオーストラリア人、デイビッド・ディックスが記録した18才と41日)
14 June 2008