オーガニック

Organic 2009

Gas mask bra
「最初に人々を笑わせ、そして考えさせてくれる」そんな研究に対して与えられるイグ・ノーベル賞 (Ig Nobel Prize) の授賞式がハーバード大学で行われた。
その数ある賞の中で今年最も注目されたのは公衆衛生賞を受賞した緊急時に2つのガスマスクに早変わりするブラジャー。それを発明したのはシカゴのエレナ・ボンダー、ラファエル・リー、サンドラ・マリジャンたちだ。
チェルノブイリ原発事故をきっかけに科学者の道を歩み始めたウクライナ出身のボンダー博士は「あの事故の直後、人々がすぐに使えるガスマスクを持っていたら、多くの人は放射能を吸い込まずにすんだかもしれない」「また911のようなテロリストによる攻撃や、最近シドニーで起きた砂塵あらしなどにも役にたったでしょう」と授賞式で述べた。
「我々は常に有事に備えていなければならない」「そしてほとんどの女性はブラを身につけている」「それはサイズにかかわらず人間の口と鼻を覆うのに完璧な形なのです」と述べたボンダー博士はプレゼンターのノーベル物理学賞受賞者ヴォルフガング・ケターレ博士らに普通のブラとまったく見分けのつかないブラ・マスクをつけてやった。
ちなみに日本人も毎年のようにイグ・ノーベル賞を受賞している。今年は北里大学名誉教授の田口文章氏らがジャイアントパンダの排泄物から採取したバクテリアを用いて台所の生ゴミを質量で90パーセント以上削減できることを示したとして生物学賞を受賞。2007年にはドクター中松氏が栄養学賞、2004年にはカラオケ発明者に平和賞、1999年には夫のパンツに吹きかけることで浮気を発見できるスプレーの化学賞などなど。
2 Oct 2009