FIFAワールドカップ2006

ワールドユース選手権2005オランダ大会組み合わせ決定

 オランダのユトレヒトで今年6月10日に開催されるワールドユース選手権の組合せ抽選会が行われた。ホスト国のオランダにはリベリア出身で現在フルハム所属のFWコリン・ジョンやアヤックスのFWライアン・バベルなど、欧州リーグで活躍するプレイヤーが名を列ねる。オランダ・サポーターはグループAに日本、ベニン、オーストラリアが入ったことに満足している様子だが、6月に58才になるオランダU-20監督のフォッペ・デ・ハーンは「どのチームにつても良くは知らないが、最悪でもベスト8には残りたい」と、クールに語った。
 オーストラリア・フットボール連盟は「3チームとも強剛だが、ホスト国のオランダと当ったことに感謝している」と、大観衆の前でプレーできる事に期待した。U-20日本代表の大熊監督は「開幕戦となるオランダ戦がカギとなる」と、前回に続いてベスト8進出への意欲を表わした。また、自国でアフリカ予選を勝ち抜いてきたベニン代表は「身体能力の高さをオランダで見せつける良いチャンス」と初の世界大会出場に興奮している。
7 Mar 2005

ワールドスポーツ

サッカー大好きな人のためのワールド・スポーツ情報。ニューヨーク、ロンドン、アムステルダムからのレポートを中心にお伝えします。