FIFAワールドカップ2006

One more point

Netherlands 4-0 Andorra
 オランダ代表が2006年ワールド・カップへまた一歩前進した。フィリップス・スタディオンのアンドラ戦、ファン・バステン監督はアルメニア戦から5人のメンバーを入れ替え、トップにはファン・ニステルローイ、その両脇をロッベン、ファン・ペルシとイングランド3強チームのストラカーを置き、その後ろには今期ハンブルガーに移籍したファン・デル・ファールトを起用。オランダ代表は前半途中、コクーが退場になりながらも、32本のシュートを放ち、ボール・ポゼッションも84%と力の差を見せつけ、4-0でアンドラに快勝した。
 オープニング・ゴールは前半23分、ファン・デル・ファールトのシュートがきれいな弧を描いて右サイドネットに決まると、4分後には相手のオウン・ゴールで追加点。前半38分、フィリップ・コクーが肘を入れたとして、ハンガリーの主審にレッドカード受けながらも、10人のオランダの猛攻は続いた。43分にはファン・ニステルローイがファン・バステン監督の記録と並ぶ代表24ゴール目を決めると、後半38分、PKをポストに弾かれ外したファン・ニステルローイはその6分後に自ら4点目を追加。これでオランダは28ポイント、あと1ポイントで1位が決まるが、次節プラハでの試合にコクーが欠場するのは痛手だ。このポジションに誰が入るのか?バルサのマルクか?
7 Sep 2005

ワールドスポーツ

サッカー大好きな人のためのワールド・スポーツ情報。ニューヨーク、ロンドン、アムステルダムからのレポートを中心にお伝えします。