FIFAワールドカップ2006

Netherlands trio ruled out

 ライアン・バベル、オラフ・リンデンベルホ、ヴィルフレト・ボウマがプラハに向かうオランダ代表から離脱した。次のチェコ戦で引き分け以上ならワールド・カップ出場が決まるオランダ代表。木曜日のトレーニング・セッション中、ファン・ニステルローイがチーム・メイトのDFロン・フラールのタックルを受け小ぜりあいになったが、ファン・ニステルローイがキックした事を謝り、ことなきをえたようだ。練習後、着替えを終えたマルコ・ファン・バステン監督のもとにマンUのストライカー、ファン・ニステルローイとAZのストッパー、ロン・フラールがやってきて他のチームメイトの前で謝罪した。「あのときは本当に怒ったよ。でも、もう終った事。ルードは謝ったし、私にはそれで十分だ」と元ACミランのストライカーは言う。その他、オランダ代表には出場が危ぶまれていたヤン・クロンカンプ、ウェズレイ・スナイデル、ファン・ペルシなどはフィットして代表に加わっている。
 一方、故障者に悩まされるチェコ代表カレル・ブルックナー監督はFWヤン・コラーとFWウラティスラフ・ロクベンツが不在の中、最後のオランダ戦とアウェーのフィンランド戦に勝たなければならない。FWミラン・バロッシュと、代表キャプテンのMFトマス・ガラシェクは間に合うようだが、ウラジミール・スミッチェルは欠場する見込みだ。
6 Oct 2005

ワールドスポーツ

サッカー大好きな人のためのワールド・スポーツ情報。ニューヨーク、ロンドン、アムステルダムからのレポートを中心にお伝えします。