FIFAワールドカップ2006

Magic Quartet

 マジック・クァルテット(Magic Quartet)。今ブラジルのメディアはロナウド、アドリアーノ、カカ、ロビーニョ、ロナウジーニョ、彼等のことをそう呼んでいる。しかし、ブラジル代表ペレイラ監督は気に入らないようだ。「マジックと言う表現はわれわれのチームにあってないね」「私はもっと汗がにじみ出るような生産性のある言葉が欲しい」とペレイラ監督。南米予選を1位通過し、コパ・アメリカとコンフェデレーション・カップを制したブラジル代表はドイツ大会へ一番人気として迎え入れられるだろう。キック・オフまでにはまだ7ヶ月あるが、ペレイラ監督の構想は先のベネズエラ戦と代わらないようだ。したがって、ロビーニョはベンチからのスタートとなる。さらに、国籍を移すことも視野に入れているオリンピック・リヨンのMFジュニーニョ・ペルナンブカーノもその一人だ。「多くののすばらしいプレイヤーを代表から外さなければならない。私が選べるのは23人だからね」とペレイラ監督。
 一方、欧州ではバルカン対決の結果、プレイオフにまわったスペインがホーム・ゲームをアトレティコ・マドリーのビセンテ・カルデロンで開催すると発表。スペイン代表は過去7度カルデロンで試合をして5勝2分と負けたことがない。相手はノルウェー、スバキアまたはスイスのいずれかになる。
13 Oct 2005

ワールドスポーツ

サッカー大好きな人のためのワールド・スポーツ情報。ニューヨーク、ロンドン、アムステルダムからのレポートを中心にお伝えします。