フットボール・ワールド

Want to play in Mexico?

メキシコのプリメラ・ディヴィジョンに所属するQueretaro FC Aチームの次期ヘッド・コーチが外国人プレイヤーをさがしている。
対象は17才から21才までのプロ経験のある外国人プレイヤー。「またはそれと同等のトップ・レベルでプレイしたことがあるプレイヤー」とヘッド・コーチに内定しているアグスティン・バレッラ氏。
ケレタロFC(Quere'taro FC)は1950年創設、ニックネームは「Gallos Blancos」(白い雄鶏)。チームは1990年に2部から初昇格し、4年で降格。そして、同じケレタロ市にあった「Gallos Blancos」と合併して2002年に再昇格。その後、リーグが20チームから18に減らされたのを期に再度降格したが、今期からプリメラ・ディヴィジョンに復帰。現在、15試合で5勝5敗5分けで12位。
バッレラ氏は同じディヴィジョンにあるClub Americaの元テクニカル・ディレクター。日本人でも受け入れますか?との問いには「日本のプレイヤーにも大変興味がある」「メキヒコ(Mexico)で活躍したいプレイヤーがいたら紹介してほしい」と答えてくれた。
まず最初はプレイヤーとしての履歴(最近6ヶ月のものは詳細に)と現在の契約の状態をEメールで知らせてほしいとのこと。パスすれば、トライアルも可能だろう。バレッラ氏は同時にアシスタント・コーチにも空きがあるという。
ケレタロはメキシコ・シティーからバスで約2時間半。世界遺産指定を受けただけあって街並みは美しい。ただ、標高が1,850mというから空気は薄い。雪のない蔵王山頂に4万人収容のサッカースタジアムがあると思えばいい。
バッレラ氏とのコンタクトを希望の方は「上青木どっとねっと」まで。
29 Oct 2006

ワールドスポーツ

サッカー大好きな人のためのワールド・スポーツ情報。ニューヨーク、ロンドン、アムステルダムからのレポートを中心にお伝えします。