フットボール・ワールド

Adu to train with Man Utd

ガーナ生れのアメリカ人FWフレディー・アドゥがマンチェスター・ユナイテッドと2週間のトレーニングに入るとワシントン・ポストが報道した。
3才でアメリカに移住して、14才でプロ契約。同時にワールド・ユース代表にも選出され、16才にはA代表入りしたアドゥは17才。シーズン前にはチェルシーFCへの移籍話しもあったが、MLSのDCユナイテッドに残留。しかし、先週末のプレイオフでニュー・イングランド・レボリューションに1-0で敗れ、DCユナイテッドのシーズンは終った。
これを期にDCユナイテッドの報道官は「これはすばらしい機会であり、追加トレーニングを望む彼の決意をサポートしたい」と発表。試合後にクラブ側と重要な協議をしたというアドゥは「僕の究極のゴールは海外にある」「もしそれが少しでも早く来るなら、それを望むよ」と未来を語った。
卓越したボディー・バランスを持つアドゥはDCユナイテッドで3シーズンを過ごした。その間、ミッドフィールダーからストライカーへ転身し、アメリカのフットボールの新星としてファンを魅了し続けてきた。契約はまだ1年残っているが、2007年の6月2日に18才になったとき彼の海外移籍は実現するだろう。
8 Nov 2006

ワールドスポーツ

サッカー大好きな人のためのワールド・スポーツ情報。ニューヨーク、ロンドン、アムステルダムからのレポートを中心にお伝えします。