UEFA チャンピオンズリーグ 2004-2005

バルセロナ、初戦アウェーで勝利

Celtic 1-3 Barcelona
 セルティック・パークの回転扉の故障で数百人のファンがスタジアムに入れず、キックオフが30分遅れた試合は序盤からバルセロナが試合の主導権を握り1-3でセルティックFCに完勝した。
 ヨーロッパ戦19試合ホームで無敗のセルティックFCはアガーテ、バルデ、バルガを先発に起用、ホーム初戦にFCバルセロナを迎え撃った。しかし、試合開始からセルティックはバルセロナの猛攻を浴びる。故障から復帰したロナウジーニョやエトー、デコのシュートが炸裂し、セルティックの若いGKマーシャルの好セーブが続く。
 そして前半20分、ゴール前でロナウジーニョからパスを受けたデコがボールをファーポストに決めてバルセロナ先制。しかし、後半10分、ジリーが取ったPKをロナウジーニョがGKにセーブされミス。その3分後、セルティックは後半からピッチに立ったサットンが同点ゴールを決める。5分後、バルセロナはオレゲール、ラーションを投入。
 そして後半33分、ベレッチのクロスをジリーが外からシュート。ボールはDFをかすめてネットに刺さり、ジリーがここ3試合で3得点目となるゴールを決める。4分後、追加点を許したセルティックDFは一瞬の隙をつかれる。昨シーズンまでセルティックで過去7年間242ゴールを上げているラーションをフリーでPAに入れてしまう。ラーションは書いてあるとおりにGKを抜いて無人のネットにゴール。
14 Sep 2004

その他の試合結果 Matchday 1

Group E Arsenal 1-0 PSV, Panathinaikos 2-1 Rosenborg
Group F Shakhtar 0-1 Milan
Group G Internazionale 2-0 Bremen, Valencia 2-0 Anderlech
Group H PSG 0-3 Chelsea, Porto 0-0 CSKA Moskva

ワールドスポーツ

サッカー大好きな人のためのワールド・スポーツ情報。ニューヨーク、ロンドン、アムステルダムからのレポートを中心にお伝えします。