UEFA チャンピオンズリーグ 2004-2005

モウリーニョ監督退場でカーリング・カップを制す

Liverpool 2-3 Chelsea
 FAカップに敗退して四冠の夢を断たれたチェルシーFCがカーリング・カップ決勝で延長戦の末にリバプールに2-3で勝利、モウリーニョ監督が初の栄冠を獲得した。
 しかし、激戦を制しカップを手にした選手たちの中に当の監督の姿はなかった。後半終了11分前、チェルシー移籍が噂されているリバプールのMFスティーブン・ジェラートがチェルシーのFKを頭でクリアしようとして痛恨のオウン・ゴール。騒然とするスタジアムの中、敗戦目前だったモウリーニョ監督は思わずリバプール・サポーターに向けて人指し指を口元に立てて見せた。それを見ていた第四審判はファンを挑発したとして即刻退場を言い渡す。「ファンをクールになだめただけ」と弁明するモウリーニョ監督だったが、第四審判に命を受けた警察官が彼をピッチから連れ出した。
 四冠の中でもっとも価値が薄いと言われるカーリング・カップだが、初の栄冠を手にしたモウリーニョ監督は強気だ。ウィンガーのエイリエン・ロッベンの復帰も近いのか、「スタンフォード・ブリッジでバルセロナに借りを返す勝算はある」と語る。
27 Feb 2005

ワールドスポーツ

サッカー大好きな人のためのワールド・スポーツ情報。ニューヨーク、ロンドン、アムステルダムからのレポートを中心にお伝えします。