UEFA CL 2006-2007

Feyenoord cleaned up by Ajax

Feyenoord 0-4 Ajax
欧州各国でビッグ・マッチが行われた週末、オランダの伝統の一戦はアヤックスが9人のフェイエノールトを一蹴し首位をキープした。
38,000人を集めたデ・カイプ・スタディオンはオランダ代表クラース・ヤン・フンテラールが前半に2得点。後半にはベテラン・ウィンガーのケネス・ペレスがPKを含め2得点しアヤックスが快勝。
上位進出のためには是が非でも勝ちたかったロッテルダマーはDFドワイト・ティエンダリやMFデ・グズマンが早期にチャンスを掴んだがGKステケレンブルグの好セーブに阻まれた。また、DFヤープ・スタムのミスから今期開幕直後にアヤックスから移籍したFWハリステアスがフリーで抜け出す場面もあったが、ボールを持ち過ぎて先制のチャンスを逃してしまう。
一方、徐々にボールを支配し始めたアヤックスは最初のチャンスにフンテラールがヘッドで先制点。38分にはペレスのDF間を抜く早いクロスにフンテラールが長い足を延ばして2点目を決めた。その後、スナイデル、ガブリらがシュートを放つが追加点にはつながらなかった。
後半に入るとフンテラールがティエンダリに倒されPK。ここでフンテラールはハットトリックのチャンスを辞退しペレスにPKを譲った。その後もウルビー・エマニュエルソンの強烈なシュートがバーを直撃するなどアヤックスの流れは変わらない。
そして後半17分にはオフサイド・トラップを破ったフンテラールがエリアに突入。GKヘンク・ティマーがボールに手を延ばしたがペレスに容易にフィニシュされた。
ペレスの4点目はホーム・チーム・フェイエノールト自制の限界だった。その直後に今期限りで引退を表明しているFWピエール・ファン・ホーイドンクがエマヌエルソンに危険なタックルを仕掛け一発レッドで退場。試合終了5分前にもこの日2枚目のイエローでMFセバスチャン・パルドもピッチから姿を消した。
22 Oct 2006

ワールドスポーツ

サッカー大好きな人のためのワールド・スポーツ情報。ニューヨーク、ロンドン、アムステルダムからのレポートを中心にお伝えします。