ウルトラヒップ Ultra-Hip

Farewell Tour

 Mama Africaとして知られている伝説的南アフリカのシンガー、ミリアム・マケーバ(Miriam Makeba)が50年以上のツアー・キャリアに終止符を打とうとしている。73才になるミリアムはヨハネスバーグを皮切に最後のワールド・ツアーに出た。「今まで訪れたところに行って別れを言わなければならないの」と祖国南アフリカの人権とアパルトヘイトを非難して31年間国外追放されていた彼女は語る。ミリアムは1990年ネルソン・マンデラ (Nelson Mandela) が刑務所から解放されるまで、ヨハネスバーグに戻らなかった。1966年にはにハリー・ベラフォンテ(Harry Belafonte)と共にグラミー賞に輝き、1980年代にはポール・サイモンのグレイスランド・ツアーにも共演したミリアム。「来年このツアーが終ったら、新しいレコーディングに入るつもり。声が出るかぎりレコーディングは止めないわ」と彼女の制作意欲は止まらない。まもなくリリースされる予定のニュー・アルバムには初期の名曲もリメイクされる予定だ。
27 Sep 2005

Ultra-Hip

ウルトラ・ヒップな話題を紹介します。